理事長からのご挨拶

理事長からのご挨拶

 私たち社会福祉法人砂町友愛園は、1930年(昭和5年)に、関東大震災後に被災者の集落となったゼロメートル地帯の本所区横川橋にて、創設者である井上酉之進が救済伝道を始めたところからスタートしました。
 その後、青梅市沢井にて児童養護施設(養護部)、江東区北砂にて保育所(保育部)を開設し、現在もこの2つの施設の運営を行っております。
 養護部では、「キリスト教による隣人愛の精神を基とし、家庭的な雰囲気を大切にする中、養護教育を必要とする児童に対し、自立心を損なわず、良識ある社会人としての生活ができるように援助する」、保育部では、「キリスト教の精神により、保護者がかかえている子育ての悩みについて共に考えながら、集団生活への適応性を養う」という運営方針を掲げ、ご利用者の皆様はもちろん、地域の方々にも提供できる最良の福祉サービスを追求してまいりました。
 社会福祉事業に携わる法人として、これからも、一人ひとりのご利用者様に満足いただき、より良い環境の中で安心して生活して頂けるよう、また、地域の皆さまに対しても貢献できるよう、職員一同、日々研鑽を積みながら、信頼される施設となるように努力してまいります。

平成30年6月
社会福祉法人 砂町友愛園 理事長
原嶋 曜子