沿革

1930年4月 本所区横川橋において、井上酉之進が救済伝道を始める
1933年1月 後援者により城東区北砂に礼拝堂が与えられ、託児部、児童部、相談部を移転する
1938年4月 社会事業法成立
1939年6月 東京府に社会事業届出が受理される
戦時中 ~ 終戦 空襲により礼拝堂、託児所、診療設備等を全焼し、山形県〔左沢〕および北軽井沢〔群馬県長野原町大学村〕、青梅市沢井に疎開する
1947年12月 児童福祉法成立
1948年1月1日 【養護部】都より児童養護施設としての認可を受ける
1948年5月 【養護部】青梅市沢井に寮舎を建てる
1951年3月 社会福祉事業法成立
1952年4月 【保育部】砂町教会において、保育部を再開する
1952年9月1日 【保育部】保育所として認可を受ける
1953年3月 厚生省より法人設立の許可が下りる、許可に伴い砂町教会が建てられている土地204坪を髙妻氏・佐々木氏より寄附された
1953年4月7日 法人として登記する
1958年3月 【養護部】青梅市沢井に第二寮舎(現C棟)を購入し、増築する
1966年3月 江東区北砂に木造瓦葺2階建(5丁目273番地1(-1))を新築する
1967年3月 【養護部】第二寮舎の隣に、鉄筋ビル3階建(現A棟)を新築する
1984年3月 【保育部】これまで教会と共存してきたが、法人の土地の一部を分筆し、保育所と教会の建物を別棟に改築する
1984年4月 【保育部】零歳児指定保育所となる
1990年4月 【保育部】延長保育指定保育所となる
2000年5月 社会福祉法成立(名称改正)
2003年6月 【養護部】都型グループホーム「砂町」を開設する
2003年12月 【養護部】青梅市沢井の隣接地を購入する
2004年7月 【養護部】都型グループホーム「北砂」を開設する
2004年12月 【養護部】本園女児部屋「なでしこ」が小規模グループケアとして承認される
2005年2月 【養護部】A棟内部を改修する
2005年5月 【養護部】都型グループホーム「桂」を開設する
2005年9月 【養護部】グループホーム「桂」を都型から国型へ移行し、定員が30名から36名に変更となる
2006年9月 【養護部】A棟外壁を塗装する
2007年12月 【養護部】グループホーム「司」を開設する
2008年7月 【養護部】本園男児部屋「かえで」が小規模グループケアとして承認される
2009年3月 【養護部】青梅市沢井の敷地測量を行う
2012年10月 【養護部】青梅市沢井の隣接地を取得する
2013年3月 【養護部】A棟耐震化工事を完了する
2013年9月 【養護部】C棟を改築する